次世代統計利用システムは、統計におけるオープンデータの高度化に向けて、総務省統計局と協力し、独立行政法人統計センターが試行提供するシステムです。

本システムについて

  • HOME »
  • 本システムについて

次世代統計利用システムは、大量・多様な統計データの提供方法を次世代化し、データの高度利用を可能とすることを目的として、政府統計の総合窓口(e-Stat) で実現できていない機能を検討し構築したもので、平成25年度は試行運用として提供いたします。

提供する機能は以下の通りです。